ニキビ跡 治し方

MENU

ニキビ跡治し方!赤みやクレーターも簡単に治すニキビ跡ケアの紹介!

ニキビ跡の治し方!
色々なニキビ跡の治し方の紹介です。
これで気になるニキビ跡の赤みや
クレーターも簡単に治す努力をしましょう!!
ニキビ跡の治し方 

 

このサイトでは下記のように様々なタイプのニキビ跡の治し方を
説明させていただきます(^^♪

 

目次
1.そもそもニキビ跡とは?
 1-1.ニキビ跡の種類と原因について
 1-2.赤みが残るタイプ
 1-3.茶色、紫色のシミが残るタイプ
 1-4.クレーター状の凸凹が残るタイプ
2.ニキビ跡の治し方。タイプ別の治療方法の紹介
 2-1.赤みが残るニキビ跡の治し方
 2-2.茶色いシミが残るニキビ跡の治し方
 2-3.クレーター状のニキビ跡の治し方
  2-1-1.FGF治療
  2-1-2.フラクセルレーザー
  2-1-3.ケミカルピーリング
  2-1-4.表皮培養移植
  2-1-5.フォトエイシャル

 

 

 

ニキビ跡とは?

ニキビ跡とは、
肌に出来た傷、
色素沈着、
炎症等が原因で悪化し、
シミなどが出来ている状態のものです。
ニキビ跡 画像
ニキビが同じ場所に
何度も繰り返し出来て、
傷や炎症が出来ると、
ダメージがだんだん奥部にまで広がっていってしまい、
皮膚の奥部の組織まで壊してしまうので、
ニキビが治っても跡が残ってしまうのです。
そのような跡の事を
ニキビ跡と呼びます。

 

 

 

 

ニキビ跡の種類と原因について

 

ニキビ跡の種類は
主に3タイプ程あります。

 

・赤みが残る種類の原因

 

ニキビ跡 赤み 
凸凹したニキビが和らいで平たくなったものの、

 

赤みだけが残っているという状態です。

 

赤みニキビ跡の原因は、
ニキビが炎症を起こした際に
毛穴の周りでうっ血が起きてしまったからです。
つまり、
赤みはうっ血の折の血が原因なのです。

 

・茶色、紫色のシミが残る種類の原因

ニキビ跡 紫や茶色 
色素沈着が伴うニキビ跡では、
シミのようなものが残ります。
その現象の中で特に、
紫の跡と茶色の跡が多いです。

紫の色素沈着の原因

紫の色素沈着の原因は、
ニキビが炎症を起こした際に
毛穴周辺の毛細血管が破裂して、
血が染みてしまうこと等です。

 

茶色の色素沈着

茶色の色素沈着が残ったニキビ跡は、
つまりいわゆる「シミ」です。
ニキビが出来るとメラニンが多く生成されますが、それが原因です。

 

頬から顎にかけて出来る事が多く、
ニキビの場所が日焼けするともっと沈着が酷くなります。

 

・クレーター状の凸凹が残る種類の原因

 

ニキビ跡 クレーターや凸凹 
デコボコが残るタイプのものを、
クレーターと呼び、
ニキビ跡の内でも一番厄介です。
 
赤ニキビが悪化して、
炎症がかなり酷くなってしまい、
皮膚の組織までもが破壊されてしまうと、
クレーター状になってしまいます。

 

破壊された皮膚組織は元通りにならず、
凸凹のままで肌に残ります。
酷い炎症が出来やすい人や、
皮膚が硬い人は特に留意が必要です。

 

クレータータイプの凸凹ニキビ跡には様々な形がありますので、
ご紹介致します。

 

1、 ボックスカー系

ニキビ跡 ボックスカー

 

幅は0.4〜0.5センチくらいで、底が平型になっています。
このボックスカータイプの
ニキビ跡の断面を見ると四角に見える事からボックスカータイプと呼びます。
それほど、奥まではダメージが到達していない事が多いです。
クレータータイプのニキビ跡では比較的軽症という感じです。

 

2、 ローリング系

ニキビ跡 ローリング 
こちらも幅は0.4〜0.5センチ程度で、底部が丸型の窪みの事を指します。
こちたは横からみた断面図の底が丸い為、ローリングタイプのニキビ跡と呼びます。

 

炎症が広範囲である事が特徴です。
そして、ダメージが真皮にまで到達してしまっているとローリング系に陥りやすくなります。

 

また、複数のニキビが合わさって発生し、大型になってしまうケースもあります。

 

3、 アイスピック系

ニキビ跡 アイスピック 
アイスピックで皮膚を突き刺したかのような形の窪みの事を指します。
「狭く、真皮よりも更に深く」なります。
面積は大きくないですが、奥底まで皮膚がえぐられてる状態のニキビ跡です。

 

炎症が「横」ではなく「縦」に、奥部にまで拡がると、アイスピック系に陥りやすいです。

 

 

また、次の事に該当する人は、クレーターのニキビ跡が残りやすいので気をつけて下さい。
 
・皮膚が硬い人
・炎症が生じやすい人

 

このような人はもちろん、そうでない人もスキンケアを確実に実行し、ターンオーバーを整えましょう。
また、保湿をしっかり実行し、肌を柔らかくしていって下さい。

 

また、クレーターのニキビ跡をセルフケアで100パーセント治すのはほぼ無理です。
ですが、肌を保湿して保護効果をアップさせれば、あまり目立たないという程度にまでは治す事ができる場合もあります。

 

ダメージを与えないように優しく顔を洗い、こまめに保湿をする事が大事です。

 

 

 

 

 

ニキビ跡の治し方。タイプ別の治療方法の紹介

 

ニキビ跡の治し方は1つではなく、
その種類に合った1番ベストな治し方が
早くニキビ跡が治る近道です。
ここでは種類別の治し方を紹介します!

 

赤みが残るニキビ跡の治し方

 

赤みが残るニキビ跡は、セルフケアでも改善できます。
ビタミンCが入った化粧水と美容液で、スキンケアを続けていくのがベストです。
ビタミンCには、皮脂のバランスを保ったり、ニキビの炎症を和らげたりする効果があるのです。
そして、肌への浸透力が高い、リン酸やAPPS等の
「ビタミンC誘導体」を含有した化粧水や美容液が最も効果が高いです。
ちなみに、このケースではビタミンCを「経口摂取」しても意味がありません。

 

正しい治し方の手順は、

 

洗顔する
化粧水を用いる
乳液を用いる
美容液を用いる
イオン導入をする

 

という治し方が良いでしょう。

 

「オバジC20APPS+E化粧水ビタミンC誘導体配合」
と書かれた化粧水や美容液は多いですが、
きちんと効果を発揮してくれるほど入っているものはあまりないので、
よくチェックしてから買いましょう。

 

また、
セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を含有している乳液を
利用する治し方でもニキビを防止できます。
また「イオン導入」と呼ばれる、
電流を活用したスキンケアをするとビタミンCが浸み込みやすくなります。

 

まずは、顔に美容液を塗り、
イオン導入マシンを使って、肌の奥部にまでビタミンCを浸み込ませてください。
皮膚科でもイオン導入は施してもらえますが、
市販のイオン導入マシンを利用すれば、自分でも行えます。
日々のスキンケアを継続しつつ、7日に1度程度行いましょう。

 

 

・必要なもの

 

イオン導入マシン
洗顔料
ビタミンC誘導体含有の美容液
ビタミンC誘導体含有の化粧水
保湿成分含有の乳液

 

※ビタミンC誘導体……リン酸、APPSなど
※保湿成分……セラミド、ヒアルロン酸など

 

茶色いシミが残るニキビ跡の治し方

 

 

このタイプのニキビ跡の治し方は、ピーリング等で治せます。
茶色いニキビ跡は、自然に完治するには3年程度掛かる場合もありますし、
日焼け等をすればもっと時間がかかる場合もあります。
ですから、ピーリング等で早めに治療してしまいましょう。
ピーリング剤での治し方は、
角質を擦って除去していくスクラブやゴマージュ形式や、
クリームやジェル形式の洗い流すものや、
シート形式の拭き取るものなど、色々な形式が存在します。

 

中でも
洗い流すタイプのものが優秀です。
刺激が少ないからです。
反対に、
強力な
酸性のピーリング剤を使うと肌を傷める場合があります。
7日に1〜2度くらいの間隔で行いましょう。

 

クレンジングと洗顔を同時に実行できる、
APPS+Eクレンジングなどが使いやすいと思います。

 

また、ピーリングの折の注意点は以下の通りです。

 

・肌に悪いのでやり過ぎない

 

・終わったら、刺激しないようにしながら紫外線予防をする

 

・終わったら、美容液等で保湿を行う

 

ちなみに、ピーリング後のイオン導入で効果を高める事が可能です。

 

クレーター状のニキビ跡の治し方

 
このタイプのニキビ跡の治し方は、皮膚科に依頼して治しましょう。
セルフケアで治すのはまず無理ですし、仮にできても多大な時間を消費します。
クレーター状のニキビ跡の治し方はお金はかかりますが、
近年はかなりエスカレートしたクレーター状のものでも、目立たないレベルにまで改善が可能になってきています。

 

クレーター状のニキビ跡の治し方は主に次のような方法で治します。

 

・FGF治療
・フラクセルレーザー
・ケミカルピーリング
・培養表皮移植
・フォトエイシャル

 

ケミカルピーリングで治療できるのは軽度のものであり、
エスカレートしたものはほぼレーザー治療でしか治療できません。
最近特に重宝されているのは、窪んでしまった部分へのFGF治療です。

 

1、 FGF治療

FGF治療前
FGF治療前-ニキビ跡

 

FGF治療後
FGF治療後-ニキビ跡 

 

FGF治療でのニキビ跡の治し方は
肌の窪んだ場所にFGF注射をして、細胞を増加させます。
コラーゲンやヒアルロン酸等の注射では、だんだん肌に吸収されてしまうので、3か月前後しか効果が持続しませんが、FGFの場合はかなり長持ち(約3年)します。
FGF治療は10分から15分という短い時間で施術出来、
ニキビ跡の治し方としては、費用対効果がかなり高いのでおすすめのニキビ跡の治し方と言えます。
施術後のハレなども2〜3時間でおさまりますので、
仕事を休んだりという事もしなくても大丈夫です。

 

FGF治療の料金の目安

FGF治療は約5万円で施術可能です。
FGF治療にかかる時間も短いので人気です。

 

2、 フラクセルレーザー

フラクセルレーザー前
フラクセルレーザー

 

 

フラクセルレーザー後
フラクセルレーザー
フラクセルレーザーでのニキビ跡の治し方は、
機材からのレーザーをニキビ跡に当てる治し方であり、皮膚細胞に刺激を加えます。
刺激で修復する折にコラーゲンが生成される性質を活用するのです。
コラーゲンが生成されれば、ニキビ跡の窪みが膨らんで、治っていきます。
フラクセルレーザーでのニキビ跡の治し方の原理は簡単に言えば痛みのないレーザーをニキビ跡へ当て、
肌のターンオーバーを進ませ早く皮膚の再生を促進させるといった感じです(^^;
 
肌の「改善」ではなく、「入れ換え」という、画期的な施術です。

フラクセルレーザー治療の料金の目安

フラクセルレーザーの料金は比較的お手頃となっており、
1万円以内で施術が可能です。

 

3、 ケミカルピーリング

 
ケミカルピーリング前

 

ケミカルピーリング

 

 

ケミカルピーリング後
ケミカルピーリング 
ケミカルピーリングでのニキビ跡の治し方ですが、
サリチル酸マクロゴールというピーリング剤を塗って邪魔な角質を取り去り、ターンオーバーを整えて、肌を生まれ変わらせます。
こちらは今の弱っている肌をサリチル酸マクロゴールの力で肌の入れ替えを促進します。
ケミカルピーリングは肌が弱い人でも利用できるニキビ跡対策となっています。

 

ケミカルピーリングの料金の目安

ケミカルピーリングは場所によって料金が異なります。
頬やおでこなら約3万円以内といったところです。

 

4、 表皮培養移植
表皮培養移植でのニキビ跡の治し方は、
ニキビ跡の窪みに、他の個所の組織を移植して治します。
こちらはよくドラマなどで見る、自分の皮膚を移植してくる方法です。
費用も大変高額となり、また完全には綺麗にならない為、
最近ではあまりニキビ跡の治し方としては表皮培養移植は行わられていません。
費用はバラバラで70万円以上がかかると思います(^^;
5、 フォトエイシャル

 

フォトエイシャル前
ニキビ跡の治し方--フォトエイシャル前

 

フォトエイシャル後
ニキビ跡の治し方--フォトエイシャル後 
フォトエイシャルでのニキビ跡の治し方は、
顔に広く軽い波長の光を当てます。
フォトエイシャルだけでなく、フラッシュ治療マシン全体が増加傾向にあります。
こちらは1回15分間ニキビ跡にフラッシュを当てます。
合計5,6回でニキビ跡の改善に期待出来ます。

 

フォトエイシャルの料金の目安

 

こちらは最安値では1回2000円という非常に安価で気軽に出来る
料金があります。

 

※上記の料金は大手美容外科クリニックの湘南美容外科の料金を参考にしております。

 

キャンペーンやモニター料金などもありますので、
詳細は湘南美容外科の公式HPでご確認お願い致します(^^;
>>>公式HPはこちら<<<

 

 

 

 

 

ニキビ跡の治し方!赤みやクレーターが出来る原因と対策方法はこちら

 

ニキビが炎症する原因
ニキビが炎症する原因 
ニキビ跡の治し方を正しく理解するには、まずは
赤みやクレーターが出来る原因を理解する必要があります。

 

 

ニキビの炎症がエスカレートする原因をご存知ですか?

 

まず「アクネ菌」がニキビそのものの原因です。
そして、そのアクネ菌を殺そうとして白血球が出され、
そのせいで活性酸素が増加します。

 

活性酸素には、
本体はウイルスや菌から身体をガードする効果があるのですが、
それが食生活やストレスが原因で増加し過ぎると
ニキビ等の肌トラブルや、様々な病気の元になってしまうのです。

 

そして、
紫外線がアクネ菌そのものが放出する
「ポルフィリン」に照射される事でも、
活性酸素は増加してしまいます。

 

アクネ菌を殺すために活性酸素が増加し、
そしてアクネ菌自体によっても活性酸素が増加するので、
ニキビの炎症がエスカレートしやすくなってしまう原因なのです。

 

ニキビの制御には活性酸素の制御が欠かせないという事ですね。

 

 

・ニキビの炎症を抑え込んでニキビ跡を抑え込む!
 
もしもニキビが生じてしまったら、
ニキビ跡にならないように適切に治す事が大事です。

 

一番大事なのは、
ニキビを炎症させないように気を配る事です。
それができれば、ニキビ跡になる事はあまりありません。

 

また、
ニキビにダメージを与えないようにする事も重要です。

 

ニキビやその周辺を擦ったり、
ニキビ跡を何とかしようとして、ゴシゴシ洗浄したりするのも駄目です。

 

ニキビが改善しにくくなり、ニキビ跡になりやすくなるので止めましょう。

 

 

・活性酸素をブロックして、ニキビとニキビ跡をブロックする
 
ビタミンCには
活性酸素をブロックする作用があります。
ニキビ跡の治し方 ビタミンC 
抗酸化作用によって、活性酸素の有害性を減らす事が可能なのです。

 

また、
ビタミンCにはメラニンを壊してニキビ跡のシミをブロックする作用もあります。
皮膚から摂取したり、サプリメントや食品で経口摂取したりしましょう。

 

ただ、
ビタミンCでは浸透力が足りない場合もありますし、
痛みを感じる事もあります。
ですが、ビタミンC誘導体ならば、浸透力が足りないという事はまずありません。

 

ビタミンC誘導体入りのアイテムとしては、
VC200などが推奨されています。

 

 

・水素を摂って活性酸素をブロックする
 
「悪玉活性酸素」とは、害を成すタイプの活性酸素の事です。
そして、
水素にはこの悪玉活性酸素を、無害の水に変化させる力があります。

 

最近では「水素水」がありますよね。
普通に飲む事も可能ですし、コットン等に吸わせて水素パックを実行する事も可能です。

 

刺激が無いので、炎症やニキビの事を気にせずに利用できます。

 

水素は逃げやすいものなので、
水素水の入れ物を開封したら早めに使い切りましょう。
水素が長持ちする入れ物になっている場合が大半ですが、それでも急ぐべきです。
また、サプリメントならば、逃がさずに水素を摂る事が可能です。

 

 

また、紫外線が照射される事でも「活性酸素」は増えます。
そして、
メラニンを生成する「メラノサイト」には、
その活性酸素による負荷を軽減する働きがあります。

 

メラニンには身体をガードする効果がありますが、
これも過剰だとシミとして残る事になってしまいます。

 

ですから、紫外線ケア(日傘、日焼け止め等)を確実に行いましょう。

 

 

睡眠とニキビ跡の関係性


 睡眠とニキビ跡の関係性について
眠っている間に身体が回復されていきますので、
ニキビを治す場合にも睡眠が必要です。
睡眠中は成長ホルモンによってターンオーバーが加速し、回復が早まるのです。

 

一番成長ホルモンが出るのは、
夜10時から日付が変わって2時くらいの間には、
できるだけ睡眠を摂っておきましょう。
それが難しい場合でも、
最低1日6時間程度は睡眠を確保するようにして下さい。

睡眠によって、ニキビ跡をはじめ、身体全体の調子を整えていきましょう。
睡眠習慣がしっかりしていないと、他のニキビケアも意味がありません。

 

 

・食生活を整える
 
食事の栄養の調和を保ち、肌のターンオーバーを整えて皮膚環境を良くしていく事も大事です。

 

新陳代謝を整えるビタミンA、コラーゲンを増やすビタミンC(緑黄色野菜、フルーツ等)、皮膚の形成にとって重要なたんぱく質(大豆、卵、魚、貝など)をきちんなどを摂るのが特に大事です。

 

逆に、甘い物や脂っこいものは、ニキビを悪化・発生させやすいので、控えめにしましょう。
もちろん摂ってはいけないという事ではないので、徐々に量を減少させていきましょう。

 

 

・ニキビ跡を和らげ、防ぐ生活習慣
 
生活習慣を整えてターンオーバー(肌の刷新)を整えれば、ニキビやニキビ跡を和らげ、そして防ぐ事が可能です。
悪い食生活や睡眠不足等のせいでターンオーバーがおかしくなると、肌の状態が悪くなります。ターンオーバーの周期は4週間程度なので、この周期を安定させましょう。

 

・運動習慣

 

運動によって、代謝を整えて、ターンオーバーを正常にする事が可能です。そうなれば、邪魔な角質が剥がれて、老廃物やメラニンも外に出やすくなります。
また、軽い運動でストレスを発散し、ストレスが誘因の肌荒れをブロックする事も大事です。

 

・食習慣

 

たんぱく質(肉、卵、乳製品、大豆、魚、牛乳等)を積極的に摂って、肌のターンオーバーを正常にしていきましょう。たんぱく質によって、髪の毛、内臓、筋肉、そして皮膚など色々なものが作られていきます。

 

また、ミネラルや各種ビタミンをどんどん摂取する事も大事です。
人参、キノコ、海藻、うなぎ、鉱水、ナッツ、南瓜等に多く含有されています。

 

・睡眠習慣

 

成長ホルモンは眠っている最中に出やすいものであり、それによって肌の回復が行われます。特に午後10時から翌2時に掛けては、成長ホルモンの生成量がピークを迎えるので、その間に眠っておく事は非常に重要です。

 

それが難しくても、毎日同じ時間帯に寝起きするように心がけましょう。それだけでも、成長ホルモンの生成量は増えます。

 

・紫外線に気を付ける

 

炎症による色素沈着が誘因のニキビ跡が存在する場所が日焼けしてしまうと、治癒が遅くなります。ファンデを用いるなどして、きちんと紫外線ケアを実行しましょう。

 

 

 

 

・ニキビ跡を隠すためのメイク術
 
ニキビ跡を絶対隠したいからと言って
顔全体に厚塗りしてしまうのは
肌へのダメージが大きくなるのでNGです。

 

ニキビ跡にピンポイントで塗りましょう。
ニキビ跡が無い箇所には、少し薄く塗ります。

 

メイクそのものがニキビ跡に負担を掛け、
新たなニキビを招いてしまうケースもあるので注意が必要です。

 

ニキビの炎症そのものは目立たなくなっていても、
まだニキビが再発しやすい環境である事に違いはありません。
ニキビ跡をメイクで隠したら、丁寧にクレンジングや洗顔を行って、皮膚を労わりましょう。

 

ニキビ肌に使用する場合は、
粉タイプのものやミネラルファンデが良いと言われています。
ニキビ跡を隠しつつ、
生じているニキビも隠してくれるからです。

 

クリームタイプの化粧品よりもオイル含有量が少ないので、
新たなニキビを招く可能性も低いです。

 

また、ミネラルファンデは天然の鉱物から作られており、
使用したまま放置しても肌へのダメージはほとんどないほどに安全です。
ですから、ダメージへの抵抗力が低いニキビ肌との相性もバッチリです。

 

そして、
洗顔だけでメイク落としが済んで、
クレンジングいらずであるという事も、
ニキビ跡やニキビがある肌にとっては良い事だと思います。

 

 

・色素沈着系のニキビ跡を隠すには?
色素沈着系のニキビ跡を隠すには ニキビ跡の赤みやクレーターが出来る原因と対策方法 
赤みがある場合は、
イエロー系のファンデを試しましょう。

 

ただ、
カバー力があるとはいえ、
ミネラルファンデや粉状のファンデのみで
ニキビ跡を完全に隠すのはほぼ無理です。

 

赤みがエスカレートしている場合は、
イエローやグリーンやブルー系のコントロールカラーを用いてから、
ミネラルファンデを利用するのがお勧めです。

 

 

 

 

元の肌色によって赤みを隠せる色が違いますので、
とりあえず8カラー分を全て試してみると良いでしょう。どれかでは隠せると思います。

 

 

また、
ボツボツとした赤みがあるのであれば、コンシーラーが役立ちます。
ニキビ跡の赤みやクレーターが出来る原因と対策方法 コンシーラー 
赤みのあるニキビを隠したい場合は、肌よりもやや暗めのものが良いでしょう。

 

たた、コンシーラーは得てしてオイル含有量が多いものなので、過剰使用は厳禁です。また、低刺激の成分でできているアイテムを使って、新たなニキビの原因を生み出さないという事も大切です。

 

具体的には「エトヴォス(etovos)」等が良いです。ワックスと美容成分、天然由来ミネラル、植物由来オイルだけで出来ているアイテムです。洗顔料で流す事が可能ので、敏感なニキビ肌に使うのに向いています。

 

ルースパウダーとエトヴォスだけでお手入れをしてみるのも良いでしょう。

 

 

とにかく顔全体に使うのではなく、心配な場所にピンポイントで使って、その他の箇所は薄いメイクにしておいた方が肌が綺麗に映ります。

 

日焼け止めを使ったら、心配な場所限定でコンシーラーを用いる。そして、シルク粉でナチュラルケアをするというのも良いでしょう。

 

 

・クレーター状のニキビ跡を隠すメイク術

 

このタイプのニキビ跡をメイクだけで完全に隠すのはほぼ不可能です。

 

まず、リキッドタイプはオイル含有量が多く、ニキビ肌には向きません。
ですから、くぼみを隠しやすいパウダータイプのものを使った方が良いでしょう。

 

パウダータイプの場合は、肌のツヤツヤ感を上げ過ぎると、相対的にくぼみが分かりやすくなってしまうので、マット路線のメイクの方が向いています。

 

なんにせよニキビをメイクで隠す際は、ニキビやニキビ跡にダメージを与えないように丁寧に実行してください。

 

また、ミネラルファンデなど低刺激のものでメイクしても、汚れたスポンジやブラシを使うのであれば無意味です。炎症を悪化させるだけですので、化粧道具は常に清潔にしておきましょう。

 

また、出来るだけ薄化粧を心がけて、肌へのダメージを抑えて下さい。

 

 

・皮膚科でのニキビ跡の治し方

 

ニキビ跡が酷くて自力ではどうにもならない場合は、皮膚科を頼りましょう。
個々人のニキビの状態と肌質に沿った手段で治してくれます。

 

では、皮膚科ではどんな手段でニキビ跡を治しているのでしょうか。

 

・ケミカルピーリング
ニキビ跡の赤みやクレーターが出来る原因と対策方法 ケミカルピーリング 
ピーリング剤を塗って、邪魔な角質や汚れ等のニキビの要因を取り去り、肌のターンオーバーを正常にして、回復を促します。

 

ニキビ跡が残らないようにしてくれますし、新たなニキビもブロックしてくれます。

 

・カーボンピーリング
ニキビ跡の赤みやクレーターが出来る原因と対策方法 カーボンピーリング 
カーボンローションを塗ってから、レーザーやフラッシュを当てて、肌に熱を加えます。

 

肌の奥の細胞に熱が加わると回復力がアップします。メラニンを破壊し、さらに毛穴の拡がりを改善して、ニキビを防ぐ事も可能です。

 

・IPL
ニキビ跡の赤みやクレーターが出来る原因と対策方法 IPL 
こちらはフラッシュ治療です。例えば、フォトエイシャルなどがこれに該当します。

 

IPLの光には、赤みを吸収したり、美肌にしていったりする効果がありますので、ニキビ跡に有効です。最近は、日本人向けの光が作られ、それを使用するケースが増えつつあります。

<IPLの例>

 

・サイトンBBL
・ライムライト
・フォトシルクプラス
・エリプスフレックスPPT
・フォトソール
・アチュチップ
・オーロラ

 

 

・フォトダイナミックセラピー

 

これは光治療に該当します。アミノレブリン酸という成分を摂取すると、体内でポルフィリンという光感受成分がたくさん作られますので、そこに光を当てて活性酸素を多く作りだして、皮脂腺等を破壊して、皮脂量をダウンさせます。

 

・レーザー治療

 

フラッシュ治療であり、IPLよりも強力です。

 

多様な効果のあるIPLとは異なり、レーザーを1種しか使用しないので、効果も1つです。ですから効き目は強いのですが、目的に沿ったものを使う必要があります。
ただし、皮膚へのダメージが大きいので、回復までにはそれなりの時間が必要です。

 

<レーザーの例>

 

・炭酸ガスレーザー
・フラクセル
・パールフラクショナル
・アンコア
・スターラックス
・フラクショナルレーザー
・ヤグレーザー

 

 

表皮の部分に使うのに向いているレーザーや、真皮やさらに奥まで効くレーザーなど色々なレーザーがあります。そして、クレーター状のニキビ跡を治せるレーザーも存在します。

 

肌質とニキビ跡の状態を医師に確認してもらい、ベストな治療手段を導き出してもらいましょう。

 

 

・ダーマローラー
ニキビ跡の赤みやクレーターが出来る原因と対策方法 
非常に細い針で、肌に微かな穴をたくさん開けて刺激し、それによって肌の回復を促す治療方法です。針に「グロースファクター成分」を塗っておけば、肌の奥にまでそれが届くので、皮膚が回復しやすくなります。

 

麻酔を行うので痛みはほぼ皆無ですが、数日間赤みが残存するケースが大半です。

 

 

・イオン導入
ニキビ跡の赤みやクレーターが出来る原因と対策方法 イオン導入 
超音波などで、ニキビ跡に良い成分を肌の奥にまで浸みこませる手段です。

 

ビタミンC誘導体やプラセンタを主に利用します。
まず、ビタミンC誘導体には、ニキビ跡の炎症を和らげたり、色素沈着を薄くしたりする作用があります。
そして、プラセンタには、ターンオーバーを正常にして、肌のコラーゲン生成量をアップさせる作用があります。

 

イオン導入には肌への負担が非常に少ないというメリットもあります。また、家庭用のイオン導入マシンを使って、セルフケアを可能です。ただし、イオン導入とピーリングを同時に行うと、ピーリングの折に負担が掛かる恐れがあります。

 

・成長因子(グロースファクター)を活用する

 

成長因子は、皮膚の回復に必須の物質であり、肌の状態を安定させてくれます。

 

成長因子は分子が大き過ぎるので、レーザー治療やダーマローラーと共に使ったり、イオン導入マシンで皮膚の中に届けたりする必要性があります。

 

 

 

 

昔からニキビの跡としてよくある例が、ニキビ跡治し方で肌がくぼんでしまうことや肌の黒ずみといった悩みです。
クレーターの問題は専門知識をもった皮膚科で治療を受けないと解決しませんが、黒ずみに関しては美白化粧品を使うことで少しずつ薄くするという対策もあるのです。

 

 

 

実際、ニキビは、ものすごく悩みます。

 

 

ニキビの出始める頃というのは思春期が主となりますから、気にかかってしょうがなかった人もたくさんいたのではないかと思います。元々、予防していくことも大切ですが、医薬品で治療することも出来ます。薬局屋などへ行き、薬剤師の方に尋ねると、自分に合う薬を教えてくれます。
ニキビ跡治し方で結構前の話ですが、私が20歳の頃、背中の痒みがひどく見てみると多数の吹き出物ができていたんです。すぐに皮膚科にを訪れました。その結果、医師から、「背中の吹き出物はニキビと判明しました。

 

 

 

原因は栄養分の偏りなんですが、脂っこいものばかりの食事になっているんじゃないですか」と通告されてしまいました。チョコがどの食べ物よりもニキビができやすいそうです。

 

酷い状態のニキビとなると、芯を持ったような感じで固く、触ると痛いといった症状が見られます。
ニキビが出来てしまった場合、ついなんとなくその箇所を確かめたくて触りたくなってしまいますが、触ってしまうと殺菌がまた入ってしまい症状が長引いてしまうかもしれないので、ケアとしてニキビケアのクリームを塗るなどして、清潔に保つようにすると良いでしょう。

 

 

 

ニキビのケア用の洗顔料や化粧水など、ニキビに効果的と宣伝されるて商品が薬局などのお店で販売されています。
しかし、たくさんあるので、自分のニキビに合う商品を探し当てるのは至難の業です。
試供品などがもらえれば試供品を使ってから自分のスキンケア用品として合っていた場合に買うというようにするとベストだと思います。10代の時、チョコレートやスナック菓子を多く食べるとすぐにニキビが出ていました。
食事がこのように関係するんだ、と思ったものです。その後、歳をとるとともに食べ物にも気を遣うようになり、あまり食べないようにしています。
そのおかげかニキビも完全に出なくなりました。
ニキビ跡治し方の一般的にニキビは繰り返しできやすい肌トラブルとなります。改善したからといって不摂生や暴飲暴食などを行っていると、またすぐに再発します。

 

ニキビが再発しないよう防止するためには、肌をキレイにし、不摂生な食生活をせず、十分な睡眠を取ることが重要だと思います。

 

ニキビが完治しないときは、ただスキンケア商品を使うのではなく、ニキビの本来の原因を排除する一番適した方法を必要不可欠になります。ニキビが繰り返される理由としては、ホルモンバランスが正常でなかったり、食習慣が乱れていたり、合わない化粧品を使うことによって肌が荒れてしまっている等、ニキビの原因には様々なものがあります。

 

慢性的なニキビの理由に正面から向き合い、あなたに一番合ったケアをしましょう。

 

 

私の母親の肌はとてもニキビができやすくて、私も中学からニキビのことで悩まされ、大人になった現在でも、ニキビができやすいので、ニキビ跡治し方の顔面のお手入れは意識してやっています。

 

そして、三歳になる息女もお鼻あたりの毛穴に角質がつまり始めています。

 

 

 

残念なことに必ずニキビ肌になりそうです。
遺伝は恐ろしいなと思いました。
にきびで悩んでいるからといって顔ばかり洗い過ぎると、必要な油脂をも洗い落としてしまい、ニキビ跡治し方でニキビがひどくなる場合もあります。どれだけ多くても洗顔は一日二回までを守りましょう。肝心なのは洗顔を十分に泡立てて、肌に直に手を触れずに、あくまで泡自体で洗顔を行うこと、洗顔後は間を空けず保湿をすることです。なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥が含まれています。肌の余分な油脂のせいじゃないの?と驚いている人も多いかもしれません。

 

もちろん、余分な油脂がせいで毛穴が詰まるのもニキビ跡治し方の原因のひとつなのは事実ですが、だからといって逆に油脂を落としすぎてしまうと、今度は肌が乾燥しすぎて、それがニキビができるもととなってしまします。

 

 

ニキビ跡治し方で炎症を起こした状態のニキビは、洗顔の時などにほんの少し触っただけでも痛みや刺激を感じるようになります。

 

そのため、ニキビが炎症を起こしてしまったら、どれほど気になったとしても決して指で触らないでください。
触ると痛いというだけではなく、指から雑菌が入るために、ますます炎症がひどくなります。にきびの原因として言われるのが、角栓による毛穴の詰まりが、ニキビができてしまう理由のひとつです。

 

気になるため思わず指で角栓をはさんで出しちゃったりすると、その部分にニキビ跡ができる原因となります。

 

角栓を詰まらせないように、それを悪化させないようにするには、きちんとお肌の保湿をすること、毛穴にあまり皮脂が溜まらないようにすることが、大切なのです。最近、ニキビで使用する薬は、様々です。当然、ニキビ専用の薬の方が効果は強いです。
しかし、軽いニキビならば、オロナインを使っても大丈夫です。

 

 

効能・効果の欄にきちんとやけどや吹出物、ひび等と並び、記されています。実はニキビ対策には、多くの方法があります。一番最初に思いつくのは、洗顔になると思います。

 

ニキビ跡治し方は、水だけで顔を洗うのではなく、洗顔フォームで洗うと、予防効果は高くなります。洗顔したら、ニキビ跡治し方の化粧水を利用することで、ニキビ予防にはいっそう効果的です。ニキビ跡治し方のニキビと言えども皮膚のトラブルの一つです。たかがニキビで皮膚科に診てもらうのも、と少し二の足を踏みがちですが、皮膚科に通院するとすぐによくなりますし、ニキビ跡が残ることも少ないです。
それに、自分で薬局などでニキビ薬を買い求めるよりも安価で済みます。

 

ニキビと食事は切っても切れないほどかかわっています。
正しい食生活をすることはニキビの症状も良くなっていきます。野菜中心のメニューで食事を採り、なるべくビタミンやミネラルを取る努力をしましょう。

 

 

野菜に多く含まれる食物繊維は、ニキビ跡治し方は便秘を解消する側面もあり、ニキビには効果があります。ニキビがあらわれると潰すのが常のようです。潰すと跡が残るからだめだ、というのが常識的な意見です。なるべく早めに治療するには、ニキビ跡治し方のニキビ専用の薬が最も効果的だと思います。
ニキビ跡にも併せて効果があります。

 

顔を洗って化粧水・乳液で肌を整え、ニキビ箇所を選んで薬を使用します。

 

ご存知かもしれませんが、ニキビはアクネ菌のせいでできるので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を他の人と共有で使用していたり、肌に直接触れてほったらかにして洗わずにいると、ニキビがうつってしまう可能性があるので注意しましょう。
また、自分で自分のニキビを触って、他の場所を触ると、ニキビがその場所に増えてしまうことがあります。
ニキビを搾り出すと、膿が出てきてしまいます。

 

さらに潰してしまうと芯が出てきます。これがニキビの元なのですが、潰して芯を出してしまうことはあまりお勧めできることではありません。無理矢理に潰すことになるのですから、さらに炎症は広がります。

 

 

 

ニキビ跡として残ってしまう恐れもあるので薬をつけるなどしてゆっくりと治していきましょう。